スポンサードリンク

OpenOfficeの魅力やダウンロード方法・使用上のポイントを解説

スポンサードリンク

無料でダウンロードが可能なOpenOffice

OpenOffice
OpenOfficeとは、マイクロソフトOfficeに相当する機能を有するソフトです。

OpenOfficeのそれぞれのソフトの使い勝手や見た目も、マイクロソフトOfficeの該当するソフトに類似しています。マイクロソフトOfficeに習熟している人にとっても使いやすいソフトです。

そしてGUIについても極めて練られていることから、これまでマイクロソフトOfficeを使ってこなかった人でも、各オフィスソフトが合理的に習熟しやすくなっています。

OpenOffice
高額なマイクロソフトOfficeではなく、同等の機能がありながら無料で使えるOpenOfficeに乗り換えたいという人は少なくありません。

そこで今回は、OpenOfficeのダウンロード方法やOpenOfficeを使う際ポイントについて解説していきます。

OpenOfficeの魅力とは?

OpenOffice
OpenOfficeはマイクロソフトOffeceに比べればマイナーな存在です。しかし無料でマイクロソフトのオフィスソフトと同等のアプリケーションを、どのようなOSであっても使うことが利用可能です。

OpenOfficeは、マイクロソフトのように高額なソフトに匹敵するほどのソフト数を誇っています。マイクロソフトのみならず、AppleのiWorkから代替することも可能です。

OpenOfficeの利点は無料であるのばかりでなく、使いやすさや直感的なGUIが好評を博しています。また、ソフトがシンプルな仕様のため、マイクロソフトOffice比べてもエラーが出にくいとも言われています。

OpenOfficeに含まれているアプリケーションの種類

OpenOffice
OpenOfficeでは、様々なアプリケーションが提供されています。

まずは「Writer」です。これはマイクロソフトでいうワードに相当するソフトです。そして、マイクロソフトのワード同様、文中に表や図形などを入れることも可能で、長文作成にも適した使い方ができる機能を持っています。

「Calc」はカルクと読みます。これはマイクロソフトでいうエクセルに相当するものです。


「Draw」は図形を描くためのソフトです。シンプルなものからベジェ曲線を用いたもの、さらには3Dの図形までも描ける機能を有しています。

「Impress」は、いわゆるプレゼンテーションソフトと呼ばれているソフトです。図形を描く機能も搭載されており、スライドビューの際に色々な演出をすることが可能です。

OpenOffice
「HTML Editor」はウェブサイトを制作するためのアプリケーションです。HTMLタグについて何らの知識がない人であっても、イメージからウェブサイトの作成が可能になります。

「Math Editor」は数式を作るためのアプリケーションです。「Writer」と組み合わせることも可能なので、Writerに数式を掲載することもできます。

OpenOfficeのダウンロード方法

OpenOfficeをダウンロードするためには、OpenOffice公式サイトから日本語版ダウンロードのページに行き、使用しているパソコンのOSを選択してクリックしてください。

OpenOffice公式サイト/日本語版ダウンロード
http://www.openoffice.org/ja/download/

ダウンロードが終わるとセットアップを選択する項目が出現します。この際に「通常」を選択すれば、マイクロソフトでいうワードやエクセルなどの全てのソフトウェアがインストールされます。

「カスタム」を選択すると、必要なソフトを取捨選択した上でそれぞれのソフトがインストールできます。マイクロソフトのワードに相当するWriter、エクセルに相当するCalcのほか、DrawやImpress、Base、Mathを個別にインストールするも可能です。

OpenOffice
マイクロソフトのワードやエクセル、パワーポイントなどのファイルを、今後OpenOfficeで開くようにしたい場合は、ウィザードにチェックを付しておきます。この設定は後でいつでも変更できます。

各種の設定が完了すると、インストールが開始されます。インストールが完了したらOpenOfficeの起動が可能になります。

初回にOpenOfficeを起動した際、まず自分の名前を入力する必要があります。入力した名前はOpenOfficeで作成した各ドキュメントに適用されます。かつ、ドキュメントを更新した際にも付されます。ドキュメント上で氏名を明かしたくない場合は名前を空欄にしておきましょう。

OpenOffice
OpenOffice日本語版をインストールした場合にはソフトウェアは日本語表記となりますが、もし英語版をインストールしてしまった場合には、別途「日本語ランゲージパック」をインストールしてください。

「日本語ランゲージパック」をインストールすることにより、OpenOfficeの各種メニューやヘルプなどが日本語化できます。

OpenOffice
OpenOffice公式サイト
http://www.openoffice.org/



ライター名 :kenth

プロフィール:主にネット関連の記事を得意をするフリーライター。趣味はDIYで、オリジナルのPCテーブルや本棚などを製作しているときが癒しの時間。