スポンサードリンク

クラブツーリズムはシニア層で支えられている今後の注目企業

スポンサードリンク

「旅のダイレクトマーケティング」クラブツーリズム

クラブツーリズム
クラブツーリズムは、大手旅行会社の近畿日本ツーリスト渋谷営業所を運営母体として、1980年に事業を開始した会社です。

当初、クラブツーリズムのコンセプトは「旅のダイレクトマーケティング」でした。旅のダイレクトマーケティングというのは、当時としては珍しいものでした。

ダイレクトマーケティングとは、従来型の店舗型営業とは異なり、折り込みチラシや会員情報誌などにより直接お客様に情報を提供し、お客様からの電話やネットで申し込みを受ける手法です。

クラブツーリズムは、この「旅のダイレクトマーケティング」の手法によって、事業を拡大してきた企業です。

 

クラブツーリズムの企画旅行とは?

クラブツーリズム
クラブツーリズムは様々な企画旅行を提供しています。

例えば国内ツアーや海外ツアーなど企画旅行の種類は様々です。中でも特徴はシニア向けのツアーが多いこと。国内のバスツアーが特に人気です。

いったいなぜ、クラブツーリズムはシニア層に人気なのでしょうか。

 

クラブツーリズムの旅をシニアのコミュニティの場として活用

クラブツーリズム
クラブツーリズムは前述のように、ダイレクトマーケティングによって顧客を拡大し、成長してきました。

クラブツーリズム会員情報誌の「旅の友」では、色々なツアーの広告があります。しかしただそれだけではなく、会員同士の交流を深めるクラブ活動やサークルの記事や情報が豊富に掲載されています。

「旅の友」を通して同じ趣味を持つ同士が集まり、そのサークルとして旅の企画をするなど、会員情報誌と企画旅行がシニア層の交流の場にもなっているのです。

クラブツーリズム
旅の行き先や、手段、サークルの仲間同士で旅のテーマから決めていくといったプロセスを踏むことにより、クラブツーリズムの企画旅行は会員の意見が直接反映されているものが多くなります。

自分たちの求める内容でのツアーに行けることにより、参加した会員の顧客満足度が向上します。

ツアーに満足した会員の口コミが広がり、さらに他の会員や知り合いもクラブツーリズムのツアーに参加したくなります。それが会員数の拡大や、ツアー申し込みの増加につながるという、連鎖的な拡大をしています。

クラブツーリズム
クラブツーリズムの会員情報誌「旅の友」は、郵送では送付されていません。

驚くべきことには「旅の友」はクラブツーリズムの会員自身が配布する組織的な形態があるのです。全国のクラブツーリズムファン達が、日本全国約300万世帯に「旅の友」を配布しています。

クラブツーリズム
このように、クラブツーリズムはクラブツーリズムを愛好する会員によって支えられています。

シニア層の口コミ効果は非常に大きく、現在のインターネットサイトの口コミは、もともとはシニア層の井戸端会議が基礎であるとも言われています。

 

鉄道の支援もあり、さらに深みが増す旅へ

クラブツーリズム
クラブツーリズムは関西圏の大手私鉄である近畿日本鉄道(近鉄)からの支援もあり、そのことが、旅の深みを増す一因でもあります。

クラブツーリズムは2004年に近畿日本ツーリストを母体とする事業を継承し、4年後の2008年には近畿日本鉄道の連結子会社化、そして2013年にKNT-CTホールディングスの子会社となりました。

この経緯により、クラブツーリズムは近鉄との繋がりが非常に強くなっています。

近鉄の支援を強みとすることにより、鉄道やバスといった、旅行の際に重要となる交通手段の柔軟な設定が可能なのです。

クラブツーリズム
近鉄がクラブツーリズムの企画旅行において専用列車を導入したことは、それの最たるものでしょう。

近鉄は2011年に特急型車両(2両の2編成)をツアーの専用列車に改造し、営業運転を開始しました。

日本の旅行会社において、専用列車を導入しているのはクラブツーリズムが国内初です。

クラブツーリズム
さらに近鉄のネットワークには、たくさんの名所や名跡があります。

例えば奈良の橿原神宮をはじめ、三重の伊勢神宮、また伊勢志摩、賢島といった名所、さらにはグルメ垂涎の松坂牛などの観光資源が豊富な地域をネットワークに有しています。

経営母体と地の利を存分に活用していることで、クラブツーリズムの旅の深みを与えているのです。

 

クラブツーリズムの企画旅行の申し込み方法

クラブツーリズム
クラブツーリズムのツアーは「旅の友」のほか、クラブツーリズムの公式サイトからも検索ができます。

海外旅行、鉄道・飛行機の旅、バスツアー、テーマ旅など色々なツアーが検索でき、そのままオンラインで申し込みもできますので、まずはこの公式サイトを訪れてみるのが一番です。

オンラインでのツアー申込は、クレジットカードによるオンライン決済も可能です。また、提携しているTポイントカードで、ツアー代金のポイント付与がされるサービスもあります。

クラブツーリズム
 

まとめ

クラブツーリズムはシニアを中心とした、クラブツーリズムを愛する多くの会員に支えられている企業です。

少子高齢化という日本の課題の中で、シニア層は大変元気でアクティブです。

シニア層のパワーがクラブツーリズムをさらに後押しして、さらなる成長企業になるということは確実です。

クラブツーリズム
クラブツーリズム公式サイト
https://www.club-t.com/

 




ライター名:もとっち
元営業マンで全国を飛び回っていた50代男性。週末の楽しみは子供達と海でサーフィンをすること。