英語のレベルに合わせたTOEICの受験対策

着実な点数アップを目指すためのTOEICの対策の実践

TOEICの受験を考えるにあたっては、自分の英語の現状でのレベルや、目指したい点数などを明確にして対策を練ることが必要不可欠であるとされています。

いきなり高い得点率を目指して学習をしようとしても、上手く勉強が進められないということが想定されるためです。

トーイックTOEIC
最終的な得点の目標をしっかりと定めることは大事ですが、そのプロセスが無理のない計画であるかが、学習を進める際には大事なポイントとして挙げられています

TOEICの試験対策を継続して進める場合には、特にこの考え方は最後まで貫くことが、大事になっていくと言えるのではないでしょうか。

 

TOEIC初心者の適切な試験攻略法

トーイックTOEIC
TOEICの試験を受けた経験がない人や、受験機会が少ない人などは、基本的な英語の文法や単語を習得することに重点を置くことが良いと考えられています。

基本的な英語の知識がある程度養成されることで、500点から600点程度までは点数を上げることが十分に期待できるとされています。

トーイックTOEIC
一方で、基本的な英語の文法や構文などが固められていない場合には、最初の得点の伸びがなかなか期待できなくなることもあると認識されています。

初心者や初学者にとっては、試験を受けるためのテクニックを考えることよりも、基本的な英語の能力を高めることが攻略の鍵を握ると言えるでしょう。

この取り組みが充実すると、点数の伸び幅が大きくなることも次第に期待できるようになると考えられているため、できるだけ丁寧な英文法や単語の習得をはじめのうちは心掛けることがベストになります。

トーイックTOEIC
 

初学者が選ぶべき対策のための書籍

受験経験がない人は、勉強用の書籍を選ぶ際も内容がライトなものから選択していくことが推奨されています。

TOEICの対策本を買う場合には、500点台を目指した内容のものを選ぶことで、無理なくその目標をクリアできる可能性が高くなると考えられています。

トーイックTOEIC
初めに選んだ書籍で十分に問題が解き進められるようになったと感じ始めたら、少しずつ目標点数の高めの本に手を出していくことが良いでしょう。

また、英語のスキル自体を高めることも、TOEICを受験するにあたっては必要不可欠になるとされています。

そのため、スキルに自信がないと思う人は、中学や高校の英単語帳を使ったり、中高生向けの英語の問題集を取り入れたりすることも、得点率アップには効果的です。

 

 

トーイックTOEIC
英語の基礎的な部分を固めることが、TOEICの学習をスタートさせる際には大事であると考えられているため、こうした学習用書籍の選び方を実践することが良いのではないでしょうか。

中高レベルの英語の学習が問題なく進められる場合には、大学受験を意識した英語の書籍などにも取り組むと、英語の基本的な面が固められると考えられています。

 

試験の形式を掴む

TOEICの試験がどのようなものであるかを掴むことも、学習時間が長くなると必要になり始めます。

基礎的な英語のスキルがある程度固められる段階から、実際の試験問題にチャレンジする機会を増やすことが求められます。

TOEICの試験は、リスニングとリーディングの部門に分けられており、それぞれ100問、満点は495点となっています。

TOEIC試験では、満点が990点とされているため、どの程度の得点をとりたいかを考える時には把握しておくことがのぞましいです。

トーイックTOEIC
リスニングは45分、リーディングは75分の時間配分にされており、実際の試験問題を解く際はとりわけリーディングでは問題を解く配分を考える必要性が高いと言えるでしょう。

選択肢から選ぶ形式で問題が構成されていますが、文法や単語の知識を活かして根拠を持った回答を行うことを心掛けることがTOEICでは大事なポイントとなっています。

少しでも多くTOEICの問題を実際に解き進める時間を作ることで、試験本番でのイメージもつきやすくなります。

また、解き方や問題のパターンなども自分なりに体感することができるようになり、得点率がアップする要因になるとされています。

 

得点を上げるための勉強方法

トーイックTOEIC
高得点をとる為の勉強方法も、複数の形式があるとされています。

最も着実にTOEICの得点率を高めるための方式としては、対策がスムーズに図れる可能性の高い分野を重点的に勉強することが挙げられます。

リスニングでは、Part2の応答問題やPart3の会話問題が該当してきます。

これらのパートは、問題の数自体が多く、更に繰り返し対策しやすい分野として挙げられています。

実際に流れる英文を聞き、答えとして適切なものをセレクトする方式ですが、多くの問題量がこなせる部分でもあるため、意識して対策を進めることが良いと考えられています。

リーディングの分野では、単文の穴埋めを行うPart5、長文の穴埋めを行うPart6が該当していきます。

トーイックTOEIC
文章に存在する空白部分に適した選択肢を選んで回答する形式であり、どちらのパートも繰り返し問題を解くことで正当率を向上させられるのではないでしょうか。

特徴的な問題の問われ方や選択肢の現れ方なども、多くの問題を解くことで知ることができるとみられていることから、Part5、6は問題に触れる機会を多く設けることが高得点をとる為の勉強方法となってきます。

 

高い得点率を目指すための問題集選び

700点台後半から900点台にかけてを目指すという人は、TOEICで受験経験を多く持つことで見えてくるビジョンになるでしょう。

高水準の得点を確実に得ていくためには、よりハイレベルな参考書や問題集を選んで解くことは、必要不可欠な対策になるのではないでしょうか。

http://enjoylifeinenglish.blog112.fc2.com/blog-entry-320.html

このサイトでは、900点クラスを目指す受験者におすすめの問題集が公開されています。

トーイックTOEIC
参考書によって特徴は異なっており、その点にも留意して問題集を選ぶ必要が出てきます。

大きく分けると、TOEICの問題全体に対応しているものと、パートごとの対策を行うための問題集が挙げられています。

一通りTOEICの試験問題を解き進めたいのか、もしくは各パートごとに綿密に対策したいかにより、問題集の種類も変わっていくでしょう。

満点に近い得点を目指す場合には、問題集の選び方は非常に大事なポイントとなるとされています。

効果的に試験で必要とされる解き方のテクニックを体感できるかや、問題に合わせて柔軟に対応できる力を養えるかは、ハイレベルな得点率を目指す受験者には持っておくことが求められる問題集選択の考え方になります。

 

TOEICの試験に関する公式サイトURL

http://www.iibc-global.org

TOEICの公式サイトでは、実際の試験がどのような形式で展開されているか確認することが可能です。

トーイックTOEIC
試験のスケジュールや、試験概要やパートの構成なども、公式サイト上から確認することが可能です。

公式サイトURLやホームページの存在を把握しておくことで、いつでも簡単に試験の情報を知ることが可能です。

また、随時最新のTOEICについての情報も公開され、受験に必要な情報が得られやすいとされています。

よくある問い合わせや質問なども集約されて掲載されていることから、受験が初めてであるという人でも安心できるのではないでしょうか。

 

TOEIC受験についてのまとめ

TOEICの受験に際しては、現状での英語のスキルや到達したい目標を軸にして、対策を進めることは必須になると考えられます。

初心者は着実に英語のスキルを高めつつ、実際にTOEICの問題に触れる機会を増加させることが、効果的な対策にスタイルとして提唱されています。

また、700点台以上の得点を目指す人々は、適切な参考書や問題集を選んで解くことが、大事な対策の方式になるのではないでしょうか。

効率的にレベルアップが図られる問題集を選べると、点数をジャンプアップさせることに繋がっていきます。

英語のスキル自体を向上させると同時に、実際の問題を解く経験を積むことも欠かせません。

回答のペース配分を考えるほか、どのパートで得点率を高めたり、間違いを減らしたりすることを実現させるか考えることが、高得点をとることにダイレクトに関わるでしょう。

 




ライター名市原暢彦

2000年から東南アジアに拠点を移し2008年からラオス在住2017年からライター活動開始経済金融文化旅行など多くのジャンルに関する記事を書いています