世界最大のフリーメールサービス!gmailの特徴を判りやすく紹介!

約12億人が利用する世界最大のフリーメールサービス

gmail
インターネットが普及し始めた2000年代初頭は、フリーメールが新しいコミュニケーションツールとして持て囃されていました。

しかし現在はSMSのショートメッセージやSNSのメッセージ機能が充実し、コミュニケーションツールは多種多様に進化し、用途に合ったツールの選択が求められます。

2004年からGoogleが提供し始めたフリーメールサービス「gmail」は、現在アクティブユーザーが約12億人という世界最大のフリーメールサービスに成長しました。

競合するマイクロソフトやYahoo!を抑え、後発のgmailが最大手にまで成長したのは、Android端末の操作にgmailアカウントの登録が必要なことも、大きく影響しているのではないかと考えられます。

gmail
今回は、gmailの特徴や魅力を紐解きながら紹介します。

gmailは高性能で使い易いのが特徴

後発のサービスでありながらもgmailがシェアを拡大したのには、Android端末の普及と共に、ユーザーのニーズを的確に掴んだ質の高いgmailの機能やサービスも大きく貢献していると言えます。

gmail
gmailには次に挙げるような特徴があります。

○メール保存容量が大容量

一般的なフリーメールでは無料で利用できるメール保存容量は2~10GBが標準でした。しかしgmailは15GBという余裕のある保存容量を提供しています。

近年、保存容量無制限のフリーメールサービスも登場していますが、最初に大容量の保存容量を提供したgmailにアドバンテージがあると言えます。

○強力なウィルススキャンサービス

ウィルス対策ソフトを用意しなくても、gmailではメールの送受信時に添付ファイルのウィルススキャンを行うので、ウィルス被害を回避できて安心です。

gmail
○多機能で有能な検索機能

メールにフラグを付けることで「スター付きメール」として、簡単に内容確認ができるスター機能は、その後のメール検索に大いに役立ちます。

また、1通のメールに複数のラベルを付け、ラベルからメールを探すこともできるラベル機能を利用しても、必要なメールを検索することが可能です。

また、差出人や宛先、日付の範囲、件名や本文などからの検索も可能です。

○1つのアドレスに他のアドレスを紐付けられる

ひとつのgmailアドレスで複数アドレスを登録する方法(メールアドレスにドット.を入れても届く)があります。

例えばabcd@gmail.comのアドレスでa.b.c.d.@gmail.comやabcd…..@gmail.comへのメールを受信することができます。

これはgmailがアドレス内の「.(ドット)」を認識しないことに起因します。同様に大文字も区別しないため、ABCD@gmail.comも受信できます。

○メールのやり取りを一覧できるスレッドビュー機能

メールのやり取りをスレッドとしてまとめ、スレッドごとにメールのやり取りを一覧で表示します。

1つのスレッド内のメール数が100通を超えると、新しいスレッドに分割されます。

gmailアカウント作成画面
https://www.google.com/intl/ja/gmail/about/

gmailに実装されている盛り沢山の便利機能

gmailを提供するGoogleは検索エンジンをスタートとして、瞬く間に世界を牽引するインターネットテクノロジー企業に成長しました。

gmailには、そのGoogleがこれからサービスに盛り込もうと思っている様々な最先端技術が試験投入される、広大な実験場の側面も持っています。

gmail
上記で紹介した特徴以外にも、gmailにすでに搭載されているその他の便利機能を紹介します。

○メールの自動保存やオートコンプリート機能

作成中の文章の内容が消えてしまわないように、gmailでは一定時間毎に作成中のメールが自動的に保存されます。

万が一メールの作成中にブラウザが終了してしまっても、gmailを再起動すればメールの再編集をすることが可能です。

また、メールの送信時にアドレスを入れる際、過去の送信履歴からアドレスを自動でアシストしてくれるオートコンプリート機能は、送信をスピーディにしてくれる非常に便利な機能です。

○迷惑メールフィルタ機能

gmailでは通常のフィルタ機能とは別に、迷惑メール防止用のフィルタ機能も実装しています。

メール受信時に迷惑メールをフォルダに振り分ける機能と、もしフィルタを迷惑メールがすり抜けてしまっても、その迷惑メールを報告する機能もありますので、スパムの判断がさらに強化されます。

もちろん、必要なメールはあらかじめ連絡先リストに登録しておけばスパムに振り分けられてしまうことはありません。

gmail
○アーカイブ(保管庫)機能

アーカイブ機能とは、当面は読まないと思われるメールを削除せずに、受信トレイやフォルダに表示させないようにもできる機能です。

フォルダ分けするのも面倒だけど、いつか必要になるかもしれないというメールは、アーカイブで処理します。

アーカイブされたメールは受信トレイに表示されないため、受信トレイがスッキリと整理されます。

いざ必要となった時に過去のメールを検索するか、全てのメールを表示してアーカイブも表示させれば、すぐにメールが確認できます。

○自動転送機能

gmailで受信したメールを、別のアドレスに自動で転送できる機能です。この際、gmailのフィルタで迷惑メールと判定されたメールは転送されません。

転送処理後のメール原本は「受信トレイに残す」「アーカイブに残す」「削除する」の処理を選ぶことができます。

自動転送の設定は各フィルタで行い、各フィルタごとに別々の転送先アドレスが設定できます。

○添付ファイルプレビュー機能

添付されたPDFファイルをダウンロードせず表示する機能です。

ビューア画面からは、オンライン上での編集やGoogleドキュメントへの保存が可能です。

○署名機能

画像挿入やフォント指定ができるリッチテキストの署名機能です。

画像挿入は使用画像を事前にオンラインにアップロードする必要があります。

受信側がプレーンテキスト設定の場合は、リッチテキスト部分が「*」で括られて表示されます。

○連絡先リスト

一般的にアドレス帳と呼ばれる機能です。連絡先リスト以外のアドレスにメールを送信すると、自動的にそのアドレスが連絡先リストに追加されます。

この機能はスマートフォンの機種変更をした時など、電話帳データ移行にも役立つ便利な機能です。

Googleカレンダーの【ラボ】機能でガジェットが便利になる

gmail
スケジュール管理に欠かせないカレンダーを、より便利に使えるのが【ラボ】機能です。

デフォルト設定の24時間表示以外にも、表示する時間帯を選べる「朝と夜を非表示」や、海外の時差にもあわせた「世界時計」、背景に画像を表示することもできます。

残念ながら最新版のGoogleカレンダーでは現在のところ【ラボ】機能に対応していません。【ラボ】機能を使用したい方は前バージョンを使用する必要があります。

高性能で便利なgメールアドレスの作り方


さまざまな機能があり、高性能で便利なgmailを利用するためのgmailアカウントの作成方法をご紹介します。

作業はたったの4ステップで、非常に簡単です。

1.Googleの公式サイトを開く

2.ログインボタン、アカウント作成ボタンを押す

3.氏名、アカウント名(メールアドレスになる)、パスワードを設定する

4.電話番号、連絡先メールアドレス、生年月日、性別を入力する

たったこれだけで、gmailアカウントが作成できます。

注意するべき点

・パスワードはできるだけ複雑なものを設定しましょう。余りにもシンプルな場合は、アカウント作成が進行できません。

・登録した電話番号には、本人確認のためにSMSで連絡が入ります。SMSを受信できる端末の電話番号を入力した方が手続きが簡単です。

・連絡先のメールアドレスは必須ではありませんが、パスワードを失念した際に再設定用コードが送られますので、ぜひ登録しておきましょう。

gmailアカウント作成画面
https://www.google.com/intl/ja/gmail/about/

まとめ

gmail
検索エンジンから始まったGoogleは、世界のインターネットテクノロジーを牽引する企業に成長しました。

今後もインターネットを介したコミュニケーションは益々盛んになり、Googleの重要性が増して行くことは間違いありません。

gmailが世界最大のフリーメールサービスとなった背景には、Android端末の普及が大きく影響しているのも確かに事実です。

しかし、もっと大きな要因として、Google独自の最先端技術を惜しげなくgmailに投入し、フリーメールらしからぬスペックをgmailに与えているという実績があります。

実際に、Android端末以外のガジェットユーザーでも、gmailを使用するユーザーはどんどん増え続けています。

世界中で高く評価されているフリーメールサービス「gmail」は、これまで利用していなかった人も、すぐに試してみるべきメールサービスだと言えるでしょう。

gmail
参考サイト

andronavi:豆知識「Gmailの「アーカイブ」どういう意味?」
https://andronavi.com/2014/02/317917/4

ライブドアニュース2017/11/6:新しいパソコン版Googleカレンダーの使い勝手は? デザインの刷新と新機能をチェック
http://news.livedoor.com/article/detail/13836047/




ライター名 :市原 暢彦

プロフィール:2000年から東南アジアに拠点を移し、2008年からラオス在住。
2017年からライター活動開始、経済、金融、文化、旅行など多くのジャンルに関する記事を書いています。